醤油差しの蓋の外し方

弊社の醤油差しは切れ良くお使い頂くため、本体とフタを職人がすり合わせて製作しております。スリ硝子の性質上、スリ合わせ部分に塩分がたまったり、力が加わって 本体とフタがかみ合うことで、フタがはずれにくくなってしまう場合がございます。

フタが固まってしまった場合は、以下の方法をお試し下さい。
※必ず注意点もよくお読みになってからお試し下さい。

醤油差しの使い方・注意点
醤油差しの蓋が固まった場合の対処方法
さしすせそトップへ戻る

①ぬるま湯につける方法

※熱湯NG!!※
お風呂くらいの温度が最適です

※注意点※

・破損や怪我の原因となる場合がございますので、必ずやさしい力で行って下さい。強い力で行うと危険です。
・はずす際はフタをひねらないで下さい。カタカタと細かく振動を与えていくイメージで揺らすと外れやすくなります。
・熱湯は使用しないで下さい。
(温度差で硝子が割れ、大変危険です。)
・しっかりとはまって取れにくい場合は無理をせず、時間をおいて再度お試し下さい。


②フタの裏を叩く方法

※必ず注意点を最後までよくお読みになってからお試し下さい。

醤油差しを40℃前後のぬるま湯に5分ほどつけこみ、すり合わせ部分を湿らせて下さい。
醤油差しは完全にぬるま湯につかるようにして下さい。

※熱湯NG!!※
硝子が割れる恐れがあり危険です。

※注意点※

・取れた蓋が落ちるため、下にタオルをしいてから行って下さい。
・必ずやさしい力で行って下さい。
(強くたたくと硝子が破損し、危険です。)
・たたくものは木製のものを使用し、金属性のものは使用しないで下さい。
・はずれない時は無理をせず、時間をおいて最初からお試し下さい。
・すり合わせ部分は湿らせた状態で行って下さい。


ご不明な点などございましたら下記までお問い合わせ下さいませ。
TEL:0134-33-1993(代) (8:45~18:00)
E-mail:sasisu@kitaichiglass.co.jp
※お客様の携帯電話が迷惑メール対策設定やドメイン指定受信設定をされておりますと、
弊社からの返信メールを受け取れない場合がございますのでご注意ください。