北海道の厳しい自然の中で育まれた暮らしを紹介し、その息吹きを受けた素朴で暖かな商品を展開しているのがカントリーフロア
北国の風土と歴史を感じる馬そりや蒸気機関車で使用されたタコストーブ等を取り入れた店内は、まるで山の中にひっそりと佇む山小屋のよう。
店内に入ると、愛嬌たっぷりのミニチュア動物硝子たちが出迎えてくれます。

さらに店の奥へ進むと一際目を引くのが、「石油ランプ」「浮き玉」
ちらちらと揺れる灯り、ぢいぢいと鳴く音、帽子を目深に被ったような姿が愛らしい、「石油ランプ」。
小樽繁栄のルーツであるニシン漁で活躍した「浮き玉」は、この街の歴史を感じさせてくれます。

大切な人達と過ごす『週末の団欒』を彩るカジュアルスタイルの硝子器が、店内いっぱいに広がった心躍る空間。
カントリーフロアの商品で、是非楽しい週末をお過ごし下さい。