小樽港は、石狩湾に弓状に面し北、西、南の三方が山に囲めれた天然の良港である。1908年(明治41年)の完成した北防波堤は国内初の近代的コンクリート製外洋防波堤のほか、島防波堤、南防波堤の3つが一直線に横たわり、100年以上の長きにわたり小樽港を守り続けている。明治・大正・戦前の昭和まで、港を中心に商都して栄え、大手銀行、商社、海運業などの本支店が連なり、北のウォール街と呼ばれていた。現在は日本海側の海上輸送の拠点として、様々な商品の輸出入や国内フェリー航路による北海道観光などに大きな役割を果たしている。また、最近はクルーズ船の寄港が増え多くの観光客が訪れている。


<トップに戻る
Copyright2013 Kitaichi Glass.co.,ltd,All Rights Reserved.