「病気や事故等の厄から男児を守り、困難に勝ち、丈夫に成長して欲しい」という
願いを込めてお祝いをする「端午の節句」。

兜は「男の子が病気や事故などの災厄を逃れ、力強く成長するための身を守るお守り」として、
鯉のぼりは「男の子の誕生を幟(のぼり)を掲げてお祝いしたこと」や
「”滝を登り切った鯉は竜になる”という故事」が所以となり、
端午の節句で飾られるようになりました。

北一硝子各店では、それぞれに特徴のある「端午の節句」に相応しいお品物をご用意しております。

今年は、厳選した「兜」を【公式通信販売サイト まごころお届け便】からもご購入いただけます。
どうぞご覧下さいませ。


小樽の硝子職人が、ひとつひとつ心を込めて製作した逸品。

独特な質感やラスター硝子ならではの煌き、また、凛とした色彩に金箔を贅沢にあしらい、
高級感と重厚感を表現した兜です。

お子様やお孫様の初節句の贈り物としてご好評を頂いております。


こどもの日にちなんだお土産品にもぴったりの、可愛らしい端午の節句飾り。

勇壮な五月人形や大きな鯉のぼりは飾れなくても、こちらは気軽に飾れます。

勇壮な赤い兜鉢に迫力ある立物に至るまで、ミニチュアですが丁寧に1点1点手作りで製作されています。


クリスタル館の兜は、透明な硝子で表現されたエレガントな兜です。

角の部分には鉱物を粉末状にして真空蒸着させたダイクロガラスという
七色に輝くガラスのプレートをさし込んでおり、
その輝きは一つとして同じものはございません。

オーロラの輝きをまとった、存在感がある仕上がり。
シンプルながら気品にあふれる兜のオーナメントとなっております。