小樽市総合博物館は、平成19年7月に旧小樽交通記念館に小樽市博物館と小樽市青少年科学技術館の機能を統合した施設である。施設は本館(旧小樽交通記念館)と運河館(旧小樽市博物館)の二つがあり、小樽市手宮1丁目に取材する本館内に機関車庫三号と転車台はある。機関車庫三号は、明治18(1885)年に竣工された現存する日本最古の機関車庫であり、転車台は大正8(1919)年に製造された機関車の方向転換のための装置で、旧手宮鉄道施設の一部である。旧手宮鉄道は、石狩・空知地方から石炭の積出や当時北海道開拓に必要な生活物資等を道内各地への輸送を担い、北海道発展の大きな役割を果たしていた。小樽市総合博物館には、北海道を代表する鉄道車両を保存展示しており、鉄道ファンはもちろん家族も楽しめる施設である。


<トップに戻る
Copyright2013 Kitaichi Glass.co.,ltd,All Rights Reserved.