祝津パノラマ展望台から、高島岬方向を望んだ風景。岬先端にある赤と白のコントラストが美しい日和山灯台。長きに渡り小樽の海の安全を見守ってきた。日和山灯台は、北海道で根室市の納沙布岬灯台に次いで2番目に点灯された灯台である。周囲の遊歩道を通り岬先端まで行くと小樽の街並みや日本海を行き交うヨットやフェリーが一望できる。また、映画「喜びも悲しみも幾年月日」のラストシーンを飾った灯台である。


<トップに戻る
Copyright2013 Kitaichi Glass.co.,ltd,All Rights Reserved.